ガーナを訪問しました!

SDGs・プロミス・ジャパン(SPJ)理事長の鈴木と濱田が、531日から69日まで、ガーナの首都アクラとアシャンテ州の州都クマシ、アマンシ・ウエストにある旧ミレニアム・ビレッジ(Bonsaaso)を訪問しました。

旧ミレニアム・ビレッジ内では、以前から外国人が入り込んで金の違法採掘がなされていたため、2017年にガーナ政府の取り締まりにより、もともと失業していて違法採掘に関わっていた若者たちが生活の糧を失い、その育成が大きな課題となっています。

 実は、20202月に、鈴木がMPJユースの学生13名と現地を訪れた際、マンソ・ヌクワンタのオマンヘネ(伝統的リーダー)より土地を提供いただいたMillennium Promise Alliance GhanaMPAガーナ、SPJの連携NGO)からSPJに対して、若者のための職業訓練校の建設を依頼されていました。コロナ禍で海外出張を延期していましたが、この度、機会があり、SPJ理事長とスタッフが現地を訪れることになったのです。

 ガーナでは大学を卒業しても仕事が見つかる人は少ないため、職業訓練校を卒業すると専門的なスキルが身につき、仕事が見つけやすいそうです。また、これまでにガーナ政府によって職業訓練校が建設されましたが、外国政府の援助による職業訓練校の建設はまだ少ないということでした。

 現地では、アシャンテヘネ(アシャンテ族国王:ガーナの王様と言って良い存在)、オマンヘネ、教育大臣、アシャンテ州出身の国会議員、クワメ・ンクルマ科学技術大学(KNUST)の教授、現地の職業訓練校の校長先生などと面談し、非常に有意義な訪問となりました。

アシャンテヘネを表敬訪問しました。

マンソ・ヌクワンタの地方議会にて
ハードルは決して低くはありませんが、SPJMPAガーナの関係者一同、地元の人々とともにプロジェクトの推進に向けて努力を続けています。

マンソ・ヌクワンタの土地を視察
MPAガーナ事務所での打合せ

 

作成日:2022年07月13日